循環器営業部

循環器営業部

病院の循環器科を中心に、ペースメーカやカテーテルといった、循環器関連製品を販売しております。病院ごとに担当の営業を配置しており、専門的な知識とスキルでオペのサポートを行い、また緊急事態にもスピーディーに対応し、医療に貢献しています。

高周波アブレーション関連製品、オペサポート

心房細動、心房粗動や、心室頻拍など不整脈に対する治療として、カテーテルアブレーションという治療があります。カテーテルアブレーションを行い成功すると、不整脈が発生しなくなり、服薬の必要もなくなります。この不整脈に対する根治治療であるアブレーション関連製品を取り扱っております。

経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)とは?
不整脈を引き起こす心臓内の異常な電位を発する局所にカテーテルを使用して、高周波を通電し焼切る治療法です。
足の付け根や首の静脈からカテーテルを挿入し、血管内を進め、心臓内へと挿入します。
カテーテルの先端には電極がついていて、体表に装着した対極板との間で通電し、異常な電位を発する部位を焼却します。

不整脈関連製品

不整脈治療に対して使用する植込み型デバイスを扱っています。

ペースメーカ

images[1]脈拍が弱い徐脈性不整脈の方に植込み、心筋に刺激をおくります。電気回路と電池が内臓された本体に電気信号を伝えるリードを組み合わせたシステムが心臓の動きを継続的にモニターし遅い脈拍を検出した場合に電気刺激をおくり、正常な脈拍に戻します。

両室ペースメーカ(CRT-P)

product_pic[1] 心臓の収縮機能に問題があり、心不全傾向にある患者様に対しては、心臓の左右両方の心室に刺激を送り心室全体を同期させて収縮を促す治療法が効果的です。両室ペースメーカは、そのための医療器です。

植込み型除細動器(ICD)

y10657_07-06[1]

正常より早い頻脈は、自然回復がほとんど期待できない致死性不整脈につながるなど危険な状態を伴うケースがあります。ICDはこうした心臓の状態をモニターし電気刺激によって頻脈を抑える装置です

両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)

images-1[1]
心不全の傾向が進み、不整脈を伴う症状が現われる場合があります。そうした患者様に対しては心臓の動きを常にモニターし、頻脈や心室細動を抑える機能を持った装置が必要となります。それが、CRTとICDの機能を兼ね備えたCRT-D。CRTの機能で心不全を改善しながら、ICDの機能によって致死性不整脈による危険状態を回復します。

虚血関連製品

冠動脈(心臓の血管)が詰まってしまうことにより起こる、狭心症や心筋梗塞等の心疾患に対して、大きな切開を伴う外科的治療ではなく、傷や痛みを少なく患者さんの身体的負担をできるだけ軽減して行われる低侵襲治療。この低侵襲治療をPCI(冠動脈形成術)といいます。当社ではPCIに使用される製品を幅広く取り扱っています。

ガイディングカテーテル
ガイドワイヤー
バルーンカテーテル
薬剤溶出型ステント

PCI(冠動脈形成術)の流れ
足のつけ根、手首、肘のいずれかから、ガイディングカテーテルという細い管を動脈の中に入れて心臓の血管(冠動脈)まで挿入します。ガイディングカテーテルの中をとおしてガイドワイヤーという細い金属製のワイヤーで狭窄部(血管の狭くなった箇所)を通過させます。
狭窄部にバルーンカテーテルという先端に風船のついた管を挿入し、冠動脈の狭窄部を広げます。その後風船をしぼめて抜去し、拡張した血管が元に戻らないように、血管を広げたまま固定するためのステント(メッシュ状の金属の筒)を留置します。

IVUS(血管内超音波検査法)

血管内超音波検査は、PCIにとって欠かせない検査法です。
先端に超音波を送受信するプローブのついた専用カテーテルを血管内に挿入し、血管内を観察し、画像化します。これによって血管内がどれだけ狭くなっているのか、また病変の質や長さなどの情報を得ることができ、ステントを留置する際の位置を決定するための重要な情報ともなります。またステント留置後にしっかり広がっているのかなどを確認する手段としても使われます。

OCT(光干渉断層計)

光干渉断層法は、IVUSと同様に血管内の様子を観察できる検査法です。
近赤外線と干渉計を用いて微小な組織を観察する高画質の断層画像技術で、IVUSの10倍の画像解像度を有し、病変の詳細な構造を確認することができます。今後、新しい治療方法における評価にも役立つことが期待されています。ただし近赤外線の深達距離はIVUSの半分以下であるため、より深く冠動脈の観察を行いたい場合には、IVUSが有効となります。

FFR(冠血流予備量比)

冠血流予備量比は、血管内の狭くなっている箇所の前後の血流量の比を算出するために、圧格差を計測し、その病変がどれだけ狭くなっているか、治療が必要なかどうかを判断するための検査法です。

ロータブレーター

バルーンやステントでは治療が難しい石灰化し硬くなっている病変部に対して、使用します。カテーテルの先端にダイヤモンドがついた楕円形のチップを高速回転させることで、固い病変部を粉砕し、血管内腔を保持することができます。

PTAバルーンカテーテル
末梢血管用ステント

手や足の血管が狭くなったり詰まったりすることで起こる末梢動脈疾患の方の治療である
末梢動脈形成術(PPI)関連製品を幅広く取り扱っております。

お気軽にお問い合わせください TEL 026-290-7155 受付時間8:30-17:30[ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社エム・イー All Rights Reserved.